Tue, Apr 30 | 浦添市産業振興センター 結の街

どうする沖縄!?山田正彦氏 基調講演

おきなわひの丸発足記念 山田正彦先生 講演会/パネルディスカッション〜平成最後の晩、世界が変わりゆく今。TPP、種子法廃止、水道法改正・・・沖縄の生活に与える影響について考える〜
Tickets Unavailable

日時・場所

Apr 30, 2019, 6:30 PM
浦添市産業振興センター 結の街, 沖縄県浦添市勢理客4丁目13−1

イベント詳細

◆おきなわひの丸 発足記念「どうする沖縄?」

わたしたちのいのち〜水・種・食〜 大切なものを守るため、沖縄の条例をつくろう

◆プログラム

【第一部】 基調講演 山田正彦氏(弁護士・元農林水産大臣)

種子法に代わる種子条例を沖縄から「どうなる沖縄?」

【第二部】パネルディスカッション

これからのことを本気で考え、行動に移そう。「どうする沖縄?」

コーディネーター:徳門 正尚 おきなわひの丸代表

日 時|2019年4月30日(火)

    18:00開場/18:30開演/21:30終演予定

会 場|浦添市産業振興センター 結の街

定 員|220名

会 費|前売り:2000円/当日:2500円

※チケット購入時には必ず日時をご確認の上お求めください。

購入後の変更・払い戻し等は一切できません。 チケット一枚につき、お一人様一回、券面記載の日時についてのみ有効です。

◆山田正彦氏(弁護士・元農林水産大臣)

1942年生まれ。長崎県五島で牧場経営や肉屋経営などの経験を経て、弁護士として開業。サラ金問題に取り組む。

1993年衆議院議員初当選、五期勤める。管内閣において農林水産大臣を務め、農業者戸別所得補償を実現する。

2015年1月「TPP交渉差止・違憲訴訟の会」設立・弁護団共同代表

2017年7月「日本の種子(たね)を守る会」設立・顧問。

著書は『「農政」大転換』『TPP秘密交渉の正体』『アメリカも批准できないTPP協定の内容は、こうだった!』『タネはどうなる?!』等名数

山田正彦 オフィシャルブログ

https://ameblo.jp/yamada-masahiko/

◆徳門正尚(おきなわひの丸 代表)

1983年、沖縄県うるま市にて生まれる。

映画「グラン・ブルー」に憧れ、18才の時にマリン業界に入る。

大学時代から珊瑚の生態や海、山など沖縄の自然の勉強に力を入れ、本格的にダイビングのプロの修行の道へ。

やんばるで貸切自然体験アドベンチャーツアーのガイドをしながら、壊れていく沖縄の自然に問題意識を持つ。

2017年より、ベーシックインカム市民勉強会UBI3000に参加。

2019年2月、政治団体「おきなわ ひの丸」を立ち上げる。

<ご挨拶>

良いか、悪いかの二言論ではなくこのままでいいのか?という、考え方を付け加え、第三の道を産み出す。それが「おきなわひの丸」の考え方です。

今は平和で暮らしやすい。ですが、今が昔に成りつつあります。

時代の流れはとても早く、激動の時代に産まれて来た、僕たち私たちがやらないといけないことは、なんなんでしょうか?

その使命感を受けて行動に移しました。

平成が終わり、日本は新時代に突入します。

夜明けの時です。

県民、国民で今の沖縄、日本の在り方を考えて行きたいと想っています。

おきなわひの丸 代表 徳門正尚

【ご注意】

チケット購入時には必ず日時をご確認の上お求めください。

購入後の変更・払い戻し等は一切できません。 チケット一枚につき、お一人様一回、券面記載の日時についてのみ有効です。

このイベントをシェア

おきなわひの丸は、たたかわない平和な沖縄、無駄な経済競争のない沖縄、生きがい溢れる沖縄に、元に戻すことを目的に設立した市民団体です。

沖縄がイニシアティブをとることで、日本国が変わる。そして世界に影響を与えてゆく。

そんなシナリオが遥か古代より準備されていたのではないか。沖縄に脈々と伝わる古代神話。未来を拓く知恵。

おきなわひの丸では、これらを学ぶ勉強会、楽しいイベントを開催していきます。

ご賛同くださる方には、活動をご一緒できれば幸いです。ぜひ、講演会や経営道場へのご参加、ご寄付をお願いいたします。

市民団体おきなわひの丸は、みなさまの寄付に支えられ、活動しています。

公式サイト素材_ひの丸-30.png
公式サイト素材_ひの丸-31.png
公式サイト素材_ひの丸-32.png